OZI3

ブログっぽいブログ

YouTubeの闇

f:id:shmi:20190313020019j:plain

YouTubeの闇は広く深い

筆者はYouTubeを見ることが以前から日課となっている。

YouTubeは光を与える。そう、一部に。

有名ユーチューバーがYouTubeで成功し莫大な利益を得て、お金持ちになっていく動画を視聴者は最近よく目にするのではないだろうか。

確かにそのような人にとってはYouTubeは光となって映っているだろう。

あるいは自分が求めていたチャンネルを見つけ出して、登録する時も、喜びである。

 

でも個人的には、最近のYouTubeを見ると気分が悪くなることが増えている。

例えば、急上昇に出てきている動画のほとんどが、クリエイティブなものとは程遠いものばかり。TV番組を録画したものをただアップしていたり、あるいは下品な内容が急上昇に出ていたりする。サムネイルやタイトルが視聴者を騙すものもいまだに多いのが現状だ。お金持ちアピール動画もあまりいい気持ちにはならない。

動画を作る人は千差万別ゆえ、良いものも悪いものも含めて色んな動画がアップされることは仕方ないことではあるが、問題は、それを管理するYouTubeだ。それを急上昇に載せることはどうなのだろうか?急上昇に上がっている動画なんぞは数が知れているのだから、スタッフがちゃんと把握すべきだろう。

今はなるべく急上昇は開かないようにしているが、これってYouTube的にどうなのだろうか…?嫌な気持ちにさせる「急上昇」を設けているYouTubeって一体…。

この状況が悪化していけば近い将来、YouTubeを見てる、ということを他人に言うことが恥ずかしくなる時代が来るかもしれない。

 

明らかに動画だけでなく、YouTube自体のモラルが低い。

つまり、モラルがない動画がいつまでも存在していることを許していること、それ自体がYouTubeのモラルの低下を示しているのだ。

分かりやすい例としてはローガン・ポールが樹海に行って自殺した遺体を面白おかしく撮影して投稿した、という問題は記憶に新しいが、なんとYouTubeはローガン・ポールのアカウントを結局削除していないのだ。彼は今でもYouTubeから莫大な利益を得続けており、同時にYouTubeに莫大な利益を生じさせている。YouTubeは彼が世界中の若者から支持を得ており、彼を失うことはYouTubeにとっても金銭的な痛手となることを知っているのだ。

同じように現在、たくさんの日本のTV番組の動画がYouTube上に存在していることを許しているのも納得がいく。

つまり、TV番組の投稿は、TV番組を見逃した人や、そもそもそのTVを見れない地域の人、あるいは、NHK料金払いたくないからTVを持たない人、見たけどもう一度あのシーンを見たい、など多くのユーザーをYouTubeに引き込む効果的な餌になるのだ。

もし、TV番組の投稿動画の収益をYouTubeがちゃんと止めたら、どうなるのか?

その動画投稿者はもうTV番組を投稿しなくなるだろう。

そうなると、TV番組目的でYouTubeを見ていた多くの人たちがYouTubeから離れる結果になるのは一目瞭然だ。

だからYouYubeは迅速に処罰せず今の状況を許している。

漫画やアニメの違法投稿についても同じだ。それらにも広告がついている。

つまり、一言でいうと、YouTubeのモラルがそもそも低いため、モラルの低い動画がYouTubeに溢れているのだ。YouTube運営自体が闇を抱えている。その闇は広く深い。

YouTubeはロボット化してさらに愚かになった?

f:id:shmi:20190313022757j:plain

さきほども述べた通り、著作権に明らかに違反している動画やモラルのかけらもない人を不快にさせる動画が、YouTubeに削除されることなく存在し続け、広告が付けられ収益を得ている。

でも反対に最近は素晴らしいクリエイターである動画投稿者がYouTubeから収益はく奪をくらっているのだ。

以前記事にしたこともあるが、チャンネル名は「nachanmicrago」と言い、「おしゃクラ」として知られている。

このチャンネルはマインクラフトの建築の方法を動画としてアップしている。

shmi.hatenablog.com

・イマジネーションとオリジナル性

・動画の編集技術

おしゃクラは上記2点がずば抜けて高く、他のマインクラフトの動画投稿者とは一線を画している。

日本のマイクラの建築動画の世界では有名なチャンネルだ。

しかし最近YouTubeからどうやら「繰り返しの多いコンテンツ」として収益化が止められたらしいのだ。だれが見ても明らかにYouTubeの間違いは明白なので、コメント欄を見ても視聴者がYouTubeに対して怒り、フィードバックを送っていることが分かる。ちなみに筆者もファンの一人として、YouTubeがいかに不当なことをクリエイターにしているのか、それがYouTubeにとって損害にもなるのかをフィードバックで訴えた。YouTubeがフィードバックを見たという話は聞いたことがないのだが、YouTubeのあまりの理不尽さにフィードバックを初めて送ってみたのだった。

下の動画から視聴者が送ったYouTubeへの怒りと悲しみのコメントを見て欲しい。

この動画投稿者(ナーさん?)は収益が止められて生活が大変になったことが動画説明欄に記載されていた。YouTube は「好きなことで生きていく」つまり趣味を仕事にできるよ、と言いながら優秀なクリエイターをいきなりバッサリ間違って首を切るのだ。しかも当人には何もする事が出来ないような仕組みになっているらしい。

つまりいきなり収益が止められて、かつその瞬間運営と連絡が取れないようになるらしい。最初はそれを聞いた時、本当かと疑った。しかし調べたところ本当だった。YouTubeが思った以上にブラック過ぎてちょっと笑けてきた筆者だった。

今でもおしゃクラに広告が付いていないのを見るとYouTubeは視聴者のフィードバックを無視したということになる。YouTubeの倫理観はどうなっているのか...。

ナーさんは収益が無くても動画投稿を続けると決断されたが、筆者だったら絶対にしない。YouTubeが憎くて裁判を起こす準備に入るだろうw

m.youtube.com

f:id:shmi:20190313025113j:plain

大きな問題は、現在YouTubeは収益を無効あるいは有効にするかどうかについての判断を「AI」に任せているということなのだ。つまりクリエイターの選別をロボットに任せているようなイメージ。

一応、公式にはAIとYouTubeのチームで確認している、という風には表現しているらしいが、おしゃクラに起きている問題を見ると、明らかにAIだけで判断していることが分かる。人の目でおしゃクラの動画をみればクリーンでクリエイティブでむしろ他の動画投稿者にとって模範となるようなレベルのものであることが一目瞭然だからだ。

 しかし実際、AIというプログラムを使うこと自体は致し方ないことと思う。なぜならYouTubeが管理しなければいけない動画の数は計り知れないからだ。

しかし、結果として、人に害を与え得る動画や、くだらない無価値な動画でYouTubeが溢れてそれらに広告が付き、反対におしゃクラのような本当に価値のある動画やクリエイターの収益がYouTubeが作り出したAIによってはく奪されているという現象が起きているのだ。

また、何がクリエイティブなのか、なにがアートなのか、果たしてAIで判断できるのだろうか?という問題もあるだろう。 

f:id:shmi:20190313025931j:plain

YouTubeの未来は?

YouTubeはクリエイターと広告主がいなければ収益を生み出せない。

この3者のうち、一つが欠けても収益は発生しないのだ。

しかし、YouTubeはクリエイターの選別をAIにさせている、つまりロボットにさせてしまっているようなものなのだ。

でも現状、そのロボットはどのクリエイターが本当に良いのかどうかの判断の精度があまりにも低いし、それを補うスタッフの働きが無いことはnachanmicragoの事例から分かる。

勿論、ロボットだから間違える。ということもある。でも問題の根本はそこではない。

YouTube自体に問題があるのだ。

ロボットの間違いに迅速に対応しないYouTubeのスタッフの倫理観が問題なのだ。

YouTubeを運営している人たちが正しい考え方やモラルを持っていない、という問題が無くならない限り、何をしようと良い結果には絶対にならないのだ。今はうまくやれているようにみえても将来必ず大きな損失を経験するだろう。

YouTubeの命とも言うべきクリエイターたちそっちのけで運営しているYouTubeの未来は暗い。そもそもそのような価値観を持つ人たちが作り上げるAIなどたかが知れているのだ。

がっつり稼いでいる有名なユーチューバーが収益が止められると、運営はすぐに間違いを認め収益を回復させる。

しかし、nachanmicragoのような5万人ほどのチャンネル登録者のチャンネルには耳を傾けない、ということにまさにYouTubeのモラルや倫理観がハッキリ現れている。

YouTubeみたいなタイプの人を友達にはしたくないものだ。

さらに言うとYouTubeのスタンスは時代の流れに逆行している。

今の時代は、マーケティング3.0がトレンドになっており、価値感やビジョンに共感してもらうことによって消費者に満足してもらうマーケティングを行なう時代だ。つまり消費者との信頼関係や感情的な結びつきが重視される。

だから本来、今YouTubeは我々に「良い印象」を与え、我々の感情的なニーズを満たさなければいけないのだ。

でも実際はどうだろう。印象はどんどん悪くなり、感情的な不安や憤りを生み出している。

そんなYouTubeは、このままだと

視聴者に必要とされず、

クリエイターと広告主に捨てられる時が来るだろう。

f:id:shmi:20190313031423j:plain