OZI3’s blog

架空のおっさんの日記である

おっさんが恐る恐るWEBデザイナーとやらに手を出してみる

なんで今更WEBデザイナーなの?

それは、知り合いから「やってみない?」って声かけられたから。

f:id:shmi:20170615113129g:plain

一度の依頼で4~5万円という。それ、結構おいしいお小遣いなのでは?と思うけど、実際どれだけ時間がかかる仕事なのかは今のところ不明。

でも今までWEBデザイナーなんてスーパーウルトラカッチョイイ響きの仕事をかじったこともないし、どんな仕事かほとんど知らないし。。。

趣味で絵を描いたり、iPadでイラストを描いたりしている程度。なのに声をかけてくれた知り合いに感謝と共に不安な気持ちも。

あ、ありがとう。でも、だ、大丈夫かな?ぜ、絶対大丈夫じゃないよねっっっ!汗

f:id:shmi:20170615114121g:plain

でも、趣味をお金に換えられたら嬉しいし、今までコールセンターとかコールセンターとかコールセンターをやっていた派遣社員の魔のスパイラルから脱出できるかもしれない!なんて微かな希望を胸に抱き、WEBデザイナーという仕事に熱き眼差しを向けてみたというワケ。

f:id:shmi:20170615105050g:plain

WEBデザイナーとはどんな仕事なのか?

WEBデザイナーとはどんな仕事なのかちょっと調べてみたところ、会社によってWEBデザイナーが行なうべき範囲はそれぞれ違うらしい。 

でも、一般的に言うWEBデザイナーとは、クライアントの意向を反映したWEBページをデザインする、ということのよう。

だから独創的なデザインができる芸術家肌の人ではなく、どっちかというと相手の考えや気持ちを汲み取れるコミュニケーション能力が高い人が向いている仕事かもしれない。デザインする能力は併せて必要だけど。

コミュニケーション能力は謀らずもコールセンターで磨かれている可能性はある!

そうだ、そうに違いないと、自分に言い聞かせる。

そうでもしないと前には進めないから。。。と、とにかく前に進もう。。。

WEBデザイナーに必要なツール

この仕事するためには、Photoshopがあるとイイ、というかほぼ必須のよう。

フォットショップだって!?

あんなもん十万円くらいするとんでもないソフトでしょうがっ!派遣会社からマージン獲られ続けてきた私の財布にそんなお金どこにあるぅっ!ぐほぅっ!(吐血)

f:id:shmi:20170615104034g:plain

一気に絶望感が押し寄せてきた。画像編集ソフトGIMPiPadのprocreateなどは持っているが、やりとりするファイル拡張子の関係で現場では戦力にならないことが分かった。たとえpsd形式を扱えるソフトでもフォトショップ以外のソフトでファイルを開くと互換性の関係で見れないものが出てくるらしいのだ。。。仕事をするためにはフォトショップが使えなくてはいけない。

で、だ。

どうやってPhotoshopを安く入手するか。

絶望感を抱きながら調べて、下した結論を次回の記事に書くことにしよう。。。

f:id:shmi:20170615112040g:plain